石神仏を巡る


萬嶽寺の六地蔵

中津川市阿木の”花ハスの里あぎ”としてハス愛好会有志
によって展開され休耕田に栽培されている。
ハスを阿木の里に広めた曹洞宗の萬嶽寺(ばんがくじ)では
108の鉢植えにされていて、その中で優雅な蓮を前に
優しく佇む六地蔵を紹介します。







 東北地方のむかし話の”笠地蔵”の話

吹雪の中、笠もなくてはさぞ寒かろうと、売り物の手作り
笠をかぶせてやりますが、地蔵さんは6つ、笠は5つしか
なかったので、足りない分を自分の被っていた手拭を
まいてあげました・・・  という話です。














蓮の花と六地蔵
















































もう一つの六地蔵尊








































  戻る