石神仏を巡る


下街道

清水弘法堂の石仏


下街道は名古屋と中山道を結ぶ今の19号線の前身で
あった道で 名古屋の伝馬町から始まり恵那市で
中山道に合流する 道のり58キロメートルの街道。
清水口から北に伸びる尾張藩の公式街道である上街道に
対して「下街道」と名づけられた。

その下街道が通る道沿いの瑞浪市土岐町のとても可愛い
馬頭観音群を紹介します。












































素朴、そして どのお顔も愛らしく微笑むお顔が
見る者を魅了させます。







馬の顔がでかい!!




























なんともほほ笑ましいお顔!!



しばらくの間 遊んでってよと
そんな無邪気なお顔です。 














































































































三十三観音


































ほのぼのとして親しみやすいお顔の石仏・馬頭観音様は
この地域の宝ですね。





  戻る