石神仏を巡る


上街道土田宿

切り道しの馬頭観音





名古屋から中山道伏見宿まで結んだ上街道(木曽街道)の馬頭観音です。
1813年行きかう人馬の安全と供養そして木曽街道の
道しるべとして土田・石原村境の切り通しに建立された。

右ハかち(徒歩) 左ハ馬道  川渡ハ東道と刻まれている。






















切通しとは、山や丘を掘削して人馬が行きかい出来るようにした道。
 (青線部)










ふくよかで温和な顔立ちが素晴らしい
馬頭観音様です。

























  戻る