石神仏を巡る

笠地蔵のお話し

                                                    
              
                                          






雪深いところに、貧しいが心の優しい老夫婦が住んでいました。
年の瀬がせまっても新年を迎えるための餅すら買うことのできない
状況でした。そこでおじいさんは自家製のみの笠を売りにでかけました
が笠は一つも売れません。 吹雪いてくる気がしたため、笠を売ること
をあきらめ帰路につくことにしました。峠にさしかかったころすっかり
吹雪になり  ふと見ると 吹雪の中、6体の地蔵さんが並んでいます。

「ひやあ、こんな吹雪の中、笠もなくさぞお寒かろう、さあこの笠で少し
でも雪をしのいでくだせい」と売れ残りの笠をお地蔵さんにかぶせて
やります。お地蔵さんは六つ、笠は五つしかなかったので、自分の
笠を差し上げることにしました。
おじいさんからわけを聞いたおばあさんは、「それはよいことをした」
と言い、餅が手に入らなかったことを責めませんでした。

その夜、老夫婦が寝ていると、家の外でなにか重たいものが落ちた
ような音がする、そこで扉を開けて外の様子を伺うと、家の前には
米俵や餅、小判などの財宝が山と積まれていました。
老夫婦は雪の中、笠をかぶった6体の地蔵が去っていく後ろ
姿を見ました。 このお地蔵さんのおかげで、老夫婦は良い新年を
迎えることができたそうです。 終わり。   (日本昔話より)














瑞浪市 正源寺の地蔵さんより






  戻る