小白鳥 

(1)

遠方から渡来してくれた美しいコハクチョウ(小白鳥)









コハクチョウ<小白鳥>

冬鳥としてユーラシア大陸北部から北日本や日本海側に渡来し、湖沼や河川、湾内で
10月〜翌年3月ごろまで越冬する。オオハクチョウより一回り小型。

遠方から渡来して冬の寒空の中“コォーコォー”とどこか
悲しげにコハクチョウが鳴く様子は、胸を打つものがあります。



小白鳥(2)もあります 見てくださいね!⇒(2)



鳴き声 : コォーコォー
    餌 : 水底の草や茎、堆積物














小白鳥


吹く風 伊吹おろしはつめたく 波たち木曽川に白いしら鳥舞う  
























皆。。聞いてくれ!
ぼちぼちシベリヤに帰ろうか〜



そうだそうだシベリアに帰ろう〜



























伊吹山と小白鳥






数日後 半数以上がシベリアに旅立ったのか
少数の残り組が寂しさを感じさせます。




 小白鳥 part2